コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

老後破産よりも前に訪れるもの

NHKスペシャルで”老後破産の現実”として、ギリギリの(極貧)生活を送る高齢者たちが紹介されていました。


多くのひとたちは、自分はそうなりたくない、悠々自適の老後を送りたいと思い、貯蓄あるいは投資活動を行っているのかもしれません。


でも医療にたずさわっている人間としては言えるのは、「年をとったら遅かれ早かれ病気になるし、体力もなくなるし、何かをしようという気力もなくなります」ということ。治る病気よりなんとか誤魔化し誤魔化しで抱えていくしかない病気方が、圧倒的に多いということ。




f:id:MoneyTalks:20141011045932j:plain
内閣府より




f:id:MoneyTalks:20141009052752j:plain
メンタルナビより




そんな状態でお金をたんまり持っててもあんまり意味があるとは思えない。使うとこって医療費と介護費くらい。そのために今から頑張って貯金やら投資するというのなら、それもひとつの生き方だとは思いますが…。


老後破産よりも前に自分の体と気持ちがもつかわからないのだから、私は貯金も投資活動も老後のためだけっていうのは私の場合高い動機づけにはなりません。