コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

日経ヴェリタスを読む

台風が来ていたので、家の中での生活に備えて日経ヴェリタスを買いました。今週号の一面は、「国際都市東京」「ユーロ圏の景気後退」

 

 

今回はじめて「都市力ランキング」なるものがあるのを初めて知りました。

 世界の都市総合力ランキング 2014 GLOBAL POWER CITY INDEX 2014

 

 

1位はロンドン、2位はニューヨーク、そして3位がパリ。

次の4位に東京が来ています。

やっぱり東京って結構な国際都市なんですね。

私の住む地方では、イオンなどの大型商業施設が建ったり、地元スーパーが建ったりはしていますが、あまり代わり映えせず、魅力ある街に変わっている様子はありません。

代わりに目立つのは、高齢者の多さ・・・。

 

 

記事の中では、欧米やアジアからの投資家が2020年の東京オリンピックが決定後の再開発を視察に来ている様子が書かれています。

 そういえば、2020年は東京でオリンピックが開催されるんでしたね。 (・∀・)

さてこれによりどれくらい経済成長するんでしょうか?

 

 

ユーロ圏の景気後退確率40%

IMFは7日、ユーロ圏が景気後退に陥り、世界金融危機、欧州債務危機に次ぐ3番底をつける確率を4割に見積もった。

とあります。

 


ユーロ圏、再びリセッション入りする確率は38%=IMF - WSJ

 

これもどうなっていくんでしょうか?

 

 

久しぶりに読んだ日経ヴェリタス、初めて知った興味深い内容でした。

これからにたま〜に買ってみようかな。 (^O^)