コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

株価が大きく下がって買う

ダウ平均も大きく下がり、本日の日経平均も2ヶ月ぶりに1万5000円を割り込みました。


昨年から始めた積立投資ですが、世界、日本ともに株価全体が上がり調子の時でした。そして毎月、投信の買いつけ日には今どれくらいの評価損益なのかを見るのが少し楽しみでもありました。


明日は投信の買いつけ日ですが、評価損益は見ずに、買いつけを知らせるメールを確認するだけにします。
長期の積立投資を目指しているのだから、たかだか数年、数ヶ月の損益を気にしている時点でアウト!ですが・・・ (*_*)


それよりも、長期の積立投信家としては、明日も株価が下がってれば、その状況で買うということは、その分口数を増やせるのだから、現時点では願ったりなんですよね。(参照:頼もしい言葉たち