コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

家計費の変更

先日のエントリーで本当に大雑把なわが家の家計費を書きました。


2人目の子どもが8月に生まれて、長男も3歳になりいろいろお金がかかるようになりました。 それまで家計費の変更は多少はあったものの、食費&生活用品費の変更はほとんどな来ていました。


子どもが生まれる前までは合計40,000円で、1人目の子が生まれて50,000円に(おむつ代など)なりました。 2人目が生まれてもその額で大丈夫だと思っていましたが、最近になって足りなくなってきていることを妻から聞きました。


共働きで、正直妻の収入の方が上なので、マイナス部分を妻が出してくれていたようです。 それでは家計の把握がしっかりできず良くないと思ったので、食費&生活用品費を60,000円にすることになりました。 できるだけ節約をしたいのですが、普段家で食べるものまでにその影響を及ぼしたくありませんでした。外食はしませんし、平日の昼食は弁当&水筒持参です。それは全く苦ではないのですが、自宅でとる朝のパンに塗るジャムの量をケチったりするのは、何のために、働いてお金をもらって、生きているかが私には分からなくなるのです。


衣食住では、「衣」や「住」といった点での無駄や贅沢は全くしたいと思いません。しかし、「食」となると きケチケチしたくなく、食べたいものを食べていたいのです。そこを削っての貯金や投資活動となると、それは私にとっては「何のために生きてるの?」という疑問が湧いてしまいます。そして、「あぁ、今自分は貯金の奴隷になっている・・・」と強く思ってしまうのです。 何十年という長いスパンでの投資なのですからそういった疑問が沸いてしまうようでは長くもたないと思っています。

広告を非表示にする