コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

イギリスに学ぶ経済力のつけ方

先日のエントリーで「都市力ランキング」というものがあるということを書きました。


その中で1位だったのがロンドンです。


歴史や文化での印象は強く、確かに世界都市というイメージがあります。しかし、経済都市しては?と思い返してみると印象も弱く、私のような人間には???でした。


しかし、ロンドン中心部にある「シティ」が世界有数の金融街であることを知りました。大英帝国と呼ばれ、その後没落し、サッチャーを首相として再び経済が蘇っていくという歴史を知り、私にとって非常に興味深い都市へと変わりました。


このあたりの経済史としての、流れは野口悠紀雄先生の本にも大変興味深く書かれています。

「稼ぐ」とはどういうことなのか?、「モノづくり」のひと言で日本経済を語ろうとすることがどんなにカチカチ頭状態なのかがわかります。




そして、もうひとつ。
いつも面白く、勉強させてもらいながら拝見している広瀬隆雄さんのブログMarketHackでもこのあたりのイギリス経済史がとっても分かりやすく、そして興味深く書かれていました。


イギリスは如何に「英国病」を克服したか? - Market Hack


大不況からの緊縮財政、無駄はどんどんなくしていき、稼げる方面には力を全力集中させるというイギリスの復活の流れは、個人としてもとても役に立つ知識となるのではないでしょうか?