コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

一番貴重な財産 = 「時間」

最近電子書籍を読んでみようと、Kindle Paperwhite を購入しました。

スマホなどの端末に比べ、e-ink の利点である目にやさしい光で読むことができるのが第一印象。

そして、wifi環境などネットにつながっていれば、気になった部分をその都度メモでき、後から印象に残った部分をすぐにまとめて読み返すことができることが私には好印象でした。

もう一つ、買ってよかったと思ったのは(AmazonKindle 書籍すべてに言えることですが)、90円代から本を買って読めることです。


そのような使用当初時に購入したのが、小飼弾・山路達也著『弾言 成功する人生とバランスシートの使い方 (Kindle版)』です。
なんと!95円で購入させてもらいました。

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方


さてこちらの本では、まず節約に関しての次のような文章があります。

実は、誰にでも節約できるものがあります。それは、「時間」です。ワーキングプアと言われる人たちは、8時間の労働では十分なお金を得ることができずに、仕事をどんどん追加していきます。要するに、自分の時間を安売りしているんですよ。一番貴重なリソースなのに。時間を取り戻すことは神でも不可能です。


かく言う私もこれまで何度か休日に非常勤の仕事をしようかと考えたことがあります。
もちろん、更にお金を得ようと思っていたからですが、おっしゃるように「時間」は万人に平等に与えられたもっとも重要な資源で、どんな金持ちも時間を買うことはできないのです。
それをそう安易に消費することが本当に意義のあることなのか?ということです。


更には、時間を安易に切り売りしなこととして、残業についてもこう書かれています。

重要なのは、まず残業なしでもきちんと生活が送れるようにしておくことです。時折残業代をあてにして住宅ローンを組んだりしている人がいますが、弾言します。残業に依存するのは、ニコチンに依存するより危険です。


批判を浴びそうな文面ですが、私も強く同意です。
残業代は当てにしない、生活費の設定を行っています。
暮らしの中で少々の我慢が必要なところありますが、ある一定の生活が送れているのならば、その後に貴重なのはお金よりも時間なのです。