コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

投資の内容を知らずに投資した私がお馬鹿でした

先日のエントリーで、エボラ出血熱の感染拡大が防げればと、「国境なき医師団」に募金したことを書きました。


地政学リスクとしてのエボラ出血熱 - コツコツ長者への道



その後のニュース2つ。


>>
NYで初のエボラ陽性、検査前に地下鉄乗車も市長は冷静対応訴え(ロイター)<<


>>
西アフリカから帰国の米看護師、隔離で「犯罪者扱い」と当局批判(AFPBB News)<<



これらを見ていると、「国境なき医師団」のスタッフがあまりにも帰国後感染拡大を防ぐ意識が低いんじゃないかと思ってしまいました。


それもあって、エボラ出血熱対策として「国境なき医師団」に寄付したお金が実際にどれくらいあり、どのように使われ、どういった効果を出してきているのか?が気になり、「国境なき医師団」の日本語ウェブサイトをじっくりと見ましたが分かりませんでした。


今、情けない気持ちがあります。
寄付は投資とはもちろん違います。しかし、ある事業に関心を示し、良い結果を期待して、お金を預けるというその性質は似ています。
なのに、単純に「国境なき医師団」というネームバリューのみで、実際の具体的内容を確認せずに 私は寄付して、いい気になっていました・・・ (:_;)


まだまだ社会勉強が足りないことを痛感した昨今です。