コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

市場の雰囲気を知るためにいろんなものに興味をもつ

我が家の車は日産キューブ。オプション等は必要最低限にして購入しました。

 
そして主なドライバーは妻で、通勤やら子どもを連れての買い物やらで使っています。
 
私自身もたまに運転しますが、運転はあまり得意でもなく、車自体への興味もかなり低い人間です。
 
そんなもんで、普段道を走っている車にも関心ゼロ。ただ、ふっと目を奪われる車が時々あります。
 
好みによるものが大きいでしょうが、ポルシェが通ると、「良いデザインだな~」と見てしまいます。
 
そしてもし買えるならば、車はポルシェがいいな~という妄想をついしてしまいます。
 
で、その妄想をさらに広げていくように、ポルシェのウェブサイトを見たりすることもあります。(^_^;)
 
まあ、当然私など手が届くわけもなく1千万円以上の値段ばかり。と、その中に600万円代で購入できる車種があります。
 
その名は"マカン"。
デザインもポルシェ独特でカッコイイ!内装も豪華〜。少なくてもデザインでは国産車ではかなうものがあるとは思えない。
 
「へぇ~。ポルシェにもこんな値段のものがあるんだ。いいな」と思っていました。
 
 
さて、先日このような新聞記事がありました。
 


ポルシェ、日本販売初の5000台 14年は小型SUV好調 :日本経済新聞

 

 その記事を読んで、「ああ、自分と同じ感想を持っている人が他にもたくさんいるんだ。これは納得だね」と感じました。

 
流行り廃りには、共感しにくいものもたくさんあります。しかし、車に強い関心のない私も欲しいと思える製品を売っているポルシェが売上として結果が出ているのを見て、市場の状態を少しでも感じることができた気がします。
 
いろんなものに関心を持って、それまで興味がなかったとしても何か気になる存在が