コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

これから1年の日本の経済指標に注目

消費税増税が延期されるようです。先日、発表されたGDPのマイナスと、2期連続のマイナス成長が大きな理由でしょう。

 


安倍首相が解散表明・消費再増税延期、来月14日投開票 | Reuters

 
経済成長の足を引っ張るデフレから脱却しようと、日銀の追加金融緩和、GPIFを利用しての株式配分増加、そして今回の消費税増税の延期と、取りうる手段をほとんど全てとってきた感じです。
 
しかし、これでもGDPの大きなプラス成長、消費者物価指数の上昇、個人消費支出の増加などデフレ脱却が考えられるような数値が現れないとすると、私たち個人の収入増加はほとんどの場合望めないのではないか?と考えています。
 
良い形でデフレから脱却でき、収入も上がっていくようなら、個人の持つ資産も増えていくでしょう。しかし、そうならなかった場合、普通の個人がまとまった資産を持つことはもはや不可能。
 
 
しかし、世界経済全体が少しずつでも成長し続けるならば、海外企業への投資は、私たち日本人が資産を増やせる数少ない方法となるのではないでしょうか?
 
そして、今ではありがたいことにそういう事が手軽に、少額ずつであっても出来るようになっています。インデックスファンドを利用しての積立投資という方法です。
このような状況の中で、資産においてどういう戦略を立てるのかが、個人にとってとても重要になってくると確信して、私は投資活動と経済や投資の勉強をしております。