コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

子どもが自信をもって生きるための教育

子どもが生まれ、大きくなっていくにつれて、教育というものに関心をもつようになります。

「どういった教育がいいのだろうか?」

そんな疑問をもつ時に、ハーバード大学東京大学、そしてかの開成中学・高校で教鞭をとってきた経歴をもつとても興味をそそられる方がいるのを知りました。

その方は、柳沢幸雄さんです。
『自信は「この瞬間」に生まれる』(柳沢幸雄著、ダイヤモンド社)ではそういった経験をもとにし、教育について熱く語られています。

自信は「この瞬間」に生まれる

自信は「この瞬間」に生まれる


まずおもしろいと思ったのが、「甲羅」という表現です。

私がいつも若い人にアドバイスするのは、自分の「甲羅の大きさ」を知りなさいということ。
「甲羅」とは、今の自分の器であり、総合能力です。知識、スキル、メンタルの力、そうした一切合財を合わせたものを、私は「甲羅」と呼んでいます。
これを知らないままだと、荒唐無稽な夢を描いてしまったり、逆に低すぎる目標を設定してしまったりします。夢が大きすぎると、どうしても挫折する確率が高くなって「またダメだった」とマイナス思考に入ってしまう。せっかく努力するなら、今の自分の器を無理なく大きくできる夢や目標に向かって努力したほうが良いに決まっています。

この甲羅は、生まれながらに決まっているものではなく、大きさを自分自身で大きくすることができるのです。
ただしそのためには、甲羅を大きくするための努力が必要です。
いわゆる天才と呼ばれる人たちは、人生のどこかの時点で「これだ!」というハマるものを見つけて、その努力がいつしか快感へと変わり、どんどん甲羅を大きくしていった人たちだと言えます。
だから、いかにしてハマるものを見つけて、好循環を作ることができるかがとても重要になってくるのです。

自分が好きなことって、没頭して、どんどんその知識なり技術なりが広がっていきます。
だから、子どもにとって(もちろん大人にとっても)「ハマるもの」に出会うことがとても重要になるのです。

しかし誰もが、生まれもって自分が「ハマるもの」はこれだ!ということがわかるわけではありません。まさに"めぐりあわせ"、"運"とも呼べるものによって、「これだ!」と思うものに出会うのです。

もしかすると、ずっと出会うことができないことだってあり得ます。だからこそ周りの空気などに合わせて時間を無駄になどせず、自分の”直感やひらめき”を頼りにする必要があるのでしょう。
そして親としては自分の思いや理想を無理に強いるのではなく、子どもがそういったものに出会える確率を増やせるようにすることが大切だということです。

さて、このように能力の大きさは変えていくことができますが、一方で現実世界の厳しさも述べます。

厳しいことを言うようだけど、「みんなで手をつないで一緒にゴールしましょう」というふうに世の中はできていない。実際にとんでもなく足の速いヤツはいる。「あいつは足が速いけど、自分は足が遅い」。それでいいのです。まずは自分の限界点を知ることから始まります。
考えてみれば、大人の世界では、毎日そんなふうに自分の限界点を突きつけられてばかりでしょう。大人はみんなある種の劣等感を持って生きている
(中略)
人間が社会の中の集団で生きる以上、こういう残酷さは当然のこと。ところが教育現場では、大人の世界の残酷さがあたかもないかのように、「みんな一緒」と教えてきました。言い換えれば、「(子供が)自分の限界点を知るのはかわいそう」というのが、今の日本の教育。

いつかは子供もそういった優劣が突きつけられる大人の世界で生き、いろんな劣等感をもつようになります。しかし「自分にはこれがある!」と言えるものを持つことで、帳尻合わせをしながら生きていくことができるのです。

そのようななかで教育とはどのようなものなのか?

決められたことをきちんと間違わずに行うということが求められる場合には、減点法が向いているでしょう。
「ここがダメ、ここが足りない、ここを修正しなさい」というようにして完璧に近づけていきます。

しかし、まだこの世にない新しい価値を生み出していくというよなことが求められる場合には、加点法が向いています。
「ここがいい、ここがおもしろい、ここはこのまま伸ばしていこう」というようにして、その子が考え出した発想を育てて、より独創的なもとへと広げていくのです。

2つともに大事で、そのバランス加減を調整しながら、子どもと関わっていくことこそが教育なのでしょう。