コツコツ長者への道

2013年にインデックスファンドでの積立投資を始めた素人&ビギナー&個人投資家です

私の理想的な投資、その二

今朝NISAについて考えていることを書きました。そして米国株式などを検討中としましたが、どうしてもスッキリしない気分のままでした。


そこで、私が「インデックスファンドを利用した長期積立投資」を始めることを決心した本の著者、カン・チュンド氏の考えを知りたいと思い調べて見ました。
去年のブログになりますが、カン氏のNISAに関してのその考え方はとてもスッキリしたものでした。どうやら私自身大きな忘れ物をしていました。その忘れ物とは、「株価の上下に悩まされる毎日を送らない投資方法をとる」ということです。

カン氏が書いているように、NISA口座で個別銘柄を購入すると、次は5年以内のいつ売るのかを株価の上下をにらみながら考え続けることになります。それは私の行いたい投資スタイルでは絶対にありません。それにやはり、NISAの仕組みが私には複雑過ぎます。今行っている「インデックスファンドを利用した長期積立投資」のシンプルさを邪魔してしまいます。

米国株式市場を中心に好調な市場の熱の中で
自分の理想とする投資を忘れていたようです。周りに流されない自分の投資方法の重要性を知りました。ということで、NISA口座は来年も作らないことにしました。